メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子バレー元日本代表

トランプ氏の移民排斥を危惧

実業団女子「日立リヴァーレ」の練習を見守る菅原貞敬さん=日下部元美撮影

 メキシコ国境の壁建設を訴えるトランプ次期米大統領を、複雑な思いで見詰める元アスリートがいる。1964年東京五輪男子バレーボール元日本代表の菅原貞敬(さだとし)さん(77)。「あのような主張をする人物が大統領になるなど到底考えられなかった」。五輪後にアフリカで競技普及に努め、国境を超えた信頼関係を築いてきた。

 秋田県能代市生まれで、敗戦国の劣等感を引きずって育った。半世紀前の五輪の開会式では、居並ぶ外国人選…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  3. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです