将棋

加藤九段、引退へ…C級2組から陥落 最年長77歳

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
加藤一二三九段=東京都渋谷区の東京将棋会館で2016年12月24日午後9時40分、宮間俊樹撮影
加藤一二三九段=東京都渋谷区の東京将棋会館で2016年12月24日午後9時40分、宮間俊樹撮影

 第75期名人戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)のC級2組順位戦9回戦の残り11局が19日、東京と大阪の将棋会館で指され、竹内雄悟四段(29)が佐藤慎一五段(34)に勝って3勝目を挙げたため、この日対局がなかった1勝7敗の加藤一二三九段(77)は同組51人中下位10人になることが確定し、規定で現役引退が決まった。加藤九段は将棋界の史上最年長棋士で、約63年のプロ生活に終止符が打たれた。

 加藤九段は現在、名人挑戦者を決める順位戦の最も下のクラス、C級2組に在籍。同組は各自10局を戦い、今期は下位10人(42位以下)に降級点が付く。加藤九段は降級点が3回目となるため、フリークラスへの降級が決まったが、同クラスは原則65歳が定年のため、自動的に引退となった。ただし順位戦の残り2局と、3月までに抽選がある棋戦で勝ち進んだ対局は指すことができる。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文901文字)

あわせて読みたい

ニュース特集