メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元名大生公判

法に触れる、段々実感…殺害後に試験勉強

 名古屋市で知人の森外茂子(ともこ)さん(当時77歳)を殺害し、高校の同級生らに硫酸タリウムを飲ませたなどとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた元名古屋大学生の女(21)=事件当時16~19歳=の裁判員裁判は19日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)で森さん殺害に絞って最初の被告人質問が行われた。検察側の質問に元学生は、事件の数時間後に「自分のやったことが法に触れることだと段々実感した」と述べた。

 元学生は自宅アパートで森さんを殺害した後、数日後に大学で受けるはずだった試験の勉強をしたと明かし、…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文829文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです