メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

セネガルが8強進出、アルジェリアはチュニジアに敗れGS突破に暗雲/アフリカ選手権

情報提供:サッカーキング

アフリカ選手権のグループステージ第2戦が行われた [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
 アフリカ・ネーションズカップ2017のグループステージ第2戦が19日に行われ、グループBの2試合が行われた。

 グループBは前回大会ベスト8のアルジェリアとチュニジア、そしてセネガルとジンバブエが突破にむけて争う。第1戦ではセネガルがチュニジアに勝利し、アルジェリアとジンバブエは引き分けに終わっている。

 第1試合ではアルジェリアとチュニジアが対戦した。アルジェリアは前半6分、右CKをラミー・ベンセバイニ(レンヌ/フランス)がフリックし、軌道が変わったボールをイスラム・スリマニ(レスター/イングランド)が頭で押し込んだが、チュニジアのGKアイマン・マスルーティ(エトワール・サヘル/チュニジア)にセーブされる。17分にも、アドレーヌ・ゲディウラ(ワトフォード/イングランド)の強烈なミドルシュートが枠を捕らえたが、ここもマスルーティが枠外に弾き出した。前半はアルジェリアが攻め込むが、得点を奪えないままハーフタイムを迎えた。

 後半に入って50分に試合が動いた。チュニジアは左サイドでフェルジャニ・サッシ(エスペランス・チュニス/チュニジア)が浮き球のスルーパスを出すと、反応したユセフ・ムサクニ(レフウィア/チュニジア)がエリアに侵入。ゴール前へパスを送ると、ボールがベンセバイニに当たって軌道が変化しネットに吸い込まれた。さらに66分、チュニジアが前線に大きく蹴り上げたボールを、アルジェリアのファウジ・グラム(ナポリ/イタリア)が頭でバックパス。これがミスとなりワフビ・カズリ(サンダーランド/イングランド)にカットされると、エリア内でグラムがカズリを倒しPKを与えてしまう。これをナイム・スリティ(リール/フランス)が右隅に決めて、チュニジアのリードは2点となる。試合終盤にアルジェリアのソフィアーヌ・アンニ(アンデルレヒト/ベルギー)に1点を返されたが、そのまま試合は終了して2-1でチュニジアが勝利した。

 第2試合ではセネガルとジンバブエが激突した。9分にセネガルは左サイドを突破すると、クロスを逆サイドから走り込んだサディオ・マネ(リヴァプール/イングランド)が押し込んで先制に成功する。さらに14分には、アンリ・セヴェ(サンテティエンヌ/フランス)が遠目のフリーキックを直接叩き込み、リードを2点に広げた。

 後半に入ってもセネガルのペースで試合は進んだ。69分には左サイドからマネが抜け出しGKタテンダ・ムクルヴァ(ディナモス・ハラレ/ジンバブエ)との一対一を迎える。ムクルヴァに一度セーブされると、こぼれ球を拾ってループシュートを放ったが、これも相手選手にクリアされた。77分にはクロスからムサ・ソウ(フェネルバフチェ/トルコ)がオーバーヘッドでシュートを放つがこれも枠を捕らえない。後半は両チームともに得点がないまま終了し、セネガルが2-0で勝利を収めた。

 この結果、2連勝を飾ったセネガルがグループステージ突破を決定した。2位に1勝1敗のチュニジアがつけ、未勝利のアルジェリアが3位、ジンバブエが最下位となっている。

■グループB
アルジェリア 1-2 チュニジア
セネガル 2-0 ジンバブエ

■グループB(試合数/勝ち点/勝/分/負/得失点)
1 セネガル(2/6/2/0/0/4)
2 チュニジア(2/3/1/0/1/-1)
3 アルジェリア(2/1/0/1/1/-1)
4 ジンバブエ(2/1/0/1/1/-2)

【関連記事】
【投票】アフリカ・ネーションズカップ2017 優勝するのはどこの国?
●ガボン大統領、オーバメヤンを絶賛「謙虚な人間、子どもたちの良きお手本」
●元エジプト代表FWがテロリストに指定…日本開催のクラブW杯で得点王にも
●元独代表FWポドルスキが神戸加入? 年俸約10億円で3年契約か、現地報道
●岡崎慎司にシャルケ移籍の可能性…実現すれば内田篤人との共演も

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです