メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

アンテナショップ通じ、県出身女性団体「anecco.」が県PR 「応援したい」を行動に /岩手

「いわて☆アクセサリー」を手にする小田代表=東京都港区白金1で

南部煎餅、わんこそば…県名物でアクセ

 東京・銀座にある県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」(中央区)を通じて故郷を応援しようと、県出身女性らの任意団体「anecco.(アネッコ)」が活動している。フリーペーパー発行やショップなどでイベント開催を手掛ける。昨年から、県内の名物をモチーフにしたオリジナルのアクセサリーも販売しており、好評を得ている。【篠崎真理子】

 「アネッコ」は岩手の方言で、若い女性を意味する。県出身で東京近郊に住んでいたり働いていたりする女性…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです