メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塙保己一賞

「奨励賞」の踊正太郎さん 全盲の津軽三味線奏者 伝統の世界にみずみずしい感性 /茨城

全盲の津軽三味線奏者・踊正太郎さん=石岡市北府中のスタジオで

 活躍する障害者を表彰する「第10回塙保己一(はなわほきいち)賞」の奨励賞に、全盲でプロの津軽三味線奏者、踊(よう)正太郎(本名・進藤正太郎)さん(39)=石岡市北府中=が選ばれた。「伝統の世界にみずみずしい感性を吹き込んでいる」と評価された。踊さんは「目が見えないからこそ、耳や肌で敏感に感じた津軽のイメージを音にして伝えたい」と稽古(けいこ)を重ねている。

 同賞は、江戸時代に活躍した全盲の国学者、塙の精神を受け継いでいこうと、出身地である埼玉県が2007…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文976文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです