特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

ぐるっと首都圏・東京2020

挑む・ささえる おもてなし うら・おもて/3 駅名に3文字コード /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
建設工事が始まった新国立競技場沿いにある都道の案内板。ピクトグラムが使われ、国立競技場は「National Stadium」と英語で記されている=東京都渋谷区千駄ケ谷1で
建設工事が始まった新国立競技場沿いにある都道の案内板。ピクトグラムが使われ、国立競技場は「National Stadium」と英語で記されている=東京都渋谷区千駄ケ谷1で

駅や道路、外国人向け表記

 「降りる駅まであと何駅?」。最近、電車の車内や駅、街角で、案内表示に目をこらす外国人観光客の姿をよく見かける。慣れない日本で、どうスムーズに目的地にたどりついてもらうか。「おもてなし うら・おもて」今回は、駅や道路の外国人向け案内表記について--。【西尾英之】

 「『フネノカガクカン』駅といわれても、日本語が分からないから意味不明。せっかく外国人向けに表示するなら、せめて英語で表記してほしい」。東京五輪・パラリンピックで多くの競技の開催場所となる東京・お台場地区。都心とお台場を結ぶ新交通システム「ゆりかもめ」の船の科学館駅の駅名について、タイから訪れた観光客はそう話した。

 船の科学館の英語名称は「Museum of Maritime Science」だが、ゆりかもめのアルファベットでの駅名表記は、日本語の発音をそのままローマ字で記した「Fune-no-kagakukan」。車内では英語での案内放送も行われているが、「Next station is フネノカガクカン」と、駅名部分は日本語でそのまま読み上げている。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1443文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集