メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

障害者も参加できるスポーツ教室 /東京

 一昨年から東京・渋谷区内の区民プールで泳いでいるが、下半身が沈むことと、そのためかスピードが上がらないのが悩みだ。晴眼者ならネット動画や競技場でプロの競泳選手の泳法を見て正しいフォームを研究することもできるが、全盲者にはできない。同じ理由で集団で実施する水泳教室への参加も難しい。

 そこで昨年夏から利用し始めたのが、東京体育館ティップネスのパーソナルトレーナー。50分6480円だが、日本身体障がい者水泳連盟公認の指導員がマンツーマンで、文字通り手取り足取り問題点をチェックしてくれる。ちなみに、公営プールでは一般に、遊泳中の利用者間の指導行為は禁止されている。

 障害者が参加できる水泳教室では、渋谷区では小学生以上の知的障害者(児)向けのプログラム「スウィミー…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文926文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです