メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コブハクチョウ

守れ!!伊丹のシンボル 鳥インフルで17羽感染死 残る8羽、2カ所に隔離 /兵庫

昆陽池公園で悠々と泳ぐコブハクチョウ=2016年3月、兵庫県伊丹市提供

 伊丹市の昆陽池公園(昆陽池3)で市が飼育しているコブハクチョウが鳥インフルエンザに感染、相次いで死んでおり、集団感染の疑いが出ている。13日にメスのコブハクチョウが毒性の高い高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)で死んだのが確認されたのを始め、市が飼育する25羽のうち17羽が死に、8羽にまで減少(20日現在)。市は残る8羽のうち、2羽と6羽を2カ所に隔離してケージで飼育しており、市は「これ以上感染死が広がらないようにしたい」としている。

 市公園課によると、1963年に山口県宇部市からコブハクチョウのつがい10羽を購入し、伊丹市内の緑ケ…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文627文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです