メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
余録

「現在バイアス」の存在を指摘したのは…

[PR]

 「現在バイアス」の存在を指摘したのは、2002年にノーベル経済学賞を受賞した米国のダニエル・カーネマン博士だ。将来の長期的な利益と現在の短期的な利益をはかりにかけると、将来の利益を軽く、現在の利益を重く感じる心の働きをいうそうだ▲健康維持のためにはダイエットが必要だが、目の前のケーキを我慢できない。週に何日かは休肝日、と分かっていても赤ちょうちんの誘いを振り切れない。それもこれも現在バイアスで説明できるらしい▲「人間は自己の利益を最大化させようと合理的に行動する」というのが経済学の前提だが、カーネマン博士はそれを否定したわけだ。要するに人の心は弱い。であれば、「あなたの今の利益を尊重します」と現在バイアスに訴えれば、大衆の共感や支持も集めやすくなる。大衆迎合主義(ポピュリズム)である▲英国の欧州連合(EU)離脱決定、米国のトランプ現象などは、そのお手本と思えなくもない。どちらも国民の多数が選んだのだから、民主主義の成果には違いない。どうやら、民主主義とポピュリズムは紙一重らしい▲通常国会がきのう召集された。国民の代表が議論を重ね、民主主義を実践する場である。トランプ新政権をにらんだ外交や天皇陛下退位の問題、社会保障改革など課題は山積している▲まずは、5年連続で過去最大規模に膨らんだ新年度予算案が俎上(そじょう)に載る。財源の3分の1は、将来世代にツケ回しする借金である。目先の利益をばらまき、国民の現在バイアスに訴えるポピュリズムの出る幕はないはずだ。そんな企てに待ったをかける健全な民主主義を見てみたい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

    2. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

    3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

    4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

    5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです