メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

トランプ政権 指先で世界翻弄 ツイッター発信継続

 【ワシントン長野宏美】トランプ米新大統領は20日の就任後もツイッターによる情報発信を続ける方針だ。大統領当選後から、攻撃的な内容の投稿をし、企業活動などに介入してきたトランプ氏。その手法は「指先介入」や「ツイート砲」と呼ばれてきた。独自のスタイルで今後も世界を翻弄(ほんろう)するとみられる。

 <トランプがGMについてツイートした。相場の変動を引き起こすかも!>

 今月17日、トランプ氏が自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)と流通大手ウォルマートを称賛するツイ…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文799文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです