メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

感覚まひ起こした日銀=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 日銀は長期金利(10年国債の利回り)を0%近辺に誘導する政策を行っている。

 中央銀行は従来、長期金利を操作することはできないと言っていた。期間が長い金利には、市場の予想やリスクプレミアムなどさまざまな要因が織り込まれるからである。日銀のホームページにもそう書いてあったのだが、最近、修正がなされた。「マイナス金利と大規模な国債買い入れの組み合わせが、長短金利全体に影響を与えるうえで、有効であることがわかりました」

 米連邦準備制度理事会(FRB)も2年国債の金利を低く固定する政策を2010年に検討したが、結局見送…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです