メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

間接強制

子に面会拒否、1回100万円 夫への請求認定 東京家裁

 別居している長女との月1回の面会交流が裁判で認められたのに、長女と同居する夫が応じないとして妻が1回の拒否につき100万円を支払うよう求める間接強制を申し立て、東京家裁がこれを請求通り認める決定を出していたことが分かった。面会交流拒否に対するものとしては異例の高額で、妻側の代理人弁護士は「画期的な決定」と評価した。これに対し、夫側は「常識外れだ」として東京高裁に抗告している。

 昨年10月4日付の家裁決定などによると、争っているのは離婚訴訟中の日本人の夫と外国籍の妻。夫は長女が7歳だった2011年に家を出た後、小学校から長女を連れ帰って転校させた。引っ越し先を妻に知らせておらず、妻が長女との面会を求めて家裁に審判を申し立てた。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  2. 「高熱でも宿泊拒否できない」旅館業法 GoToは大丈夫か ホテル苦慮

  3. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. 近く、遠く タピオカミルクティーが無性に恋しかった 韓国隔離リポート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです