メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通常国会召集

野党、対決色強める 天下りあっせん追及

安倍晋三首相が施政方針演説をする参院本会議に臨む民進党の蓮舫代表=国会内で2017年1月20日午後3時34分、川田雅浩撮影

 国会は23日から、安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党の代表質問が始まる。20日の召集直前に文部科学省による組織的な天下りあっせん問題が明るみに出たため、民進党など野党は早くも対決姿勢を強めている。首相が演説で訴えた「真摯(しんし)かつ建設的な議論」は今国会で実現するのか。

 民進党の蓮舫代表は20日の党両院議員総会で「久しぶりに分かりやすい天下りの問題が出てきた。徹底的に取り組んでいきたい」と述べ、文科省の問題を追及する方針を強調した。

 天下り規制は第1次安倍内閣の公務員制度改革の柱だった。旧民主党は当時、再就職等監視委員会の設置など…

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1613文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです