メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電通過労自殺

再発防止で遺族と「和解」 謝罪と解決金も

電通と合意し、記者会見会場に到着して高橋まつりさんの写真をテーブルに置く母の幸美さん=東京都千代田区で2017年1月20日午後4時36分、藤井太郎撮影

 広告最大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が過労自殺した問題で電通と遺族は20日、電通が謝罪し、再発防止の取り組みを強化するとともに、解決金を支払うことで合意した。東京都内で記者会見した母の幸美さん(54)は涙をこらえ「娘は二度と帰って来ないが、二度と悲劇を繰り返さないよう改革に向かってほしい」と述べた。

 会見に同席した遺族代理人の川人博弁護士は「電通社員で過労死の疑いがきわめて強いと思われるケースが少なくとも他に2人いる。業務上の原因で病気になった人も2人以上いる」と述べ、再発防止策の履行を迫った。一方、電通は同日「高橋まつりさんのご冥福を深くお祈り申し上げるとともに、ご遺族の皆さまに心よりおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです