「妖怪かるた」展

絵本作家・いちよんごさん 子育てイライラ、叱らずクスッと 荒川で27日まで /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ヘラヘラと『いまからやるよ』へらずぐち」の札を手にするいちよんごさん=荒川区荒川1のサンパール荒川で
「ヘラヘラと『いまからやるよ』へらずぐち」の札を手にするいちよんごさん=荒川区荒川1のサンパール荒川で

 子どものいたずらなど、子育て中に感じるイライラした感情や困りごとを「妖怪の仕業」として切り絵で表現する、大田区在住の絵本作家、いちよんごさん(38)の「妖怪かるた」150点が、荒川区荒川1のサンパール荒川で展示されている。幅広い世代に好評で、いちよんごさんは「子育て中の方も、終えた方も、お気に入りの妖怪を見つけて、クスッと笑いに来てほしい」と呼びかけている。【谷本仁美】

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文914文字)

あわせて読みたい

注目の特集