メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

トランプ政権 米、対IS強硬姿勢 北朝鮮・イランのミサイル警戒

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は、新政権が取り組む外交・安保政策で、過激派組織「イスラム国」(IS)などの過激派勢力の打倒を「最優先課題」に据えた。また、北朝鮮とイランの弾道ミサイル開発に強い警戒感を示し、最新鋭のミサイル防衛(MD)システムを導入する方針を示した。

 テロとの戦いに関連し、イスラム教徒への配慮を背景に前政権が使用を避けていた「イスラム過激派組織」との言葉をISに対して使用。必要と判断した場合は各国と共同で軍事行動に出る考えを強調したほか、テロ組織への資金流入を絶つため、他国との機密情報の共有を増やすなど国際社会と協力する姿勢を示した。

 MD導入は、安全保障面で日本や中東湾岸諸国などの同盟国に安心感を与える効果があるほか、開発を手がけ…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです