メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『混沌と抗戦 三島由紀夫と日本、そして世界』 編著者代表・井上隆史さん

 (水声社・5400円)

三島作品、現実生きるヒントに 井上隆史(いのうえ・たかし)さん

 三島由紀夫が東京・市ケ谷の自衛隊駐屯地で覚悟の自決を遂げたのは1970年11月25日。その9カ月前の肉声を録音したテープの存在が先日明らかになったが、それも三島による自作自演、周到な計画によるものではなかったか、と思わせるような時代の空気感である。自衛隊の役割を大きく変える安保法制、天皇の退位問題、世界で後を絶たないテロとナショナリズムの台頭--。「人間、ごまかしてね、生きていくことは耐えられない」と語った鬼才が現代に生き永らえていたならば、どんな言葉を発したろうか。

 本書は生誕90年・没後45年の一昨年11月に開かれた三島に関する日本初の国際シンポジウムにおいて、…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです