メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『エラリー・クイーン 推理の芸術』=フランシス・M・ネヴィンズ著

 (国書刊行会・3888円)

伝記ブームの真打ち、名探偵登場

 我が国で言うところの、いわゆる「本格」探偵小説の一大傑作として名高い、『Yの悲劇』を知らないミステリ愛好家はいないだろう。古今東西のミステリのベストを選ぶ企画では、つねに一、二を争うこの名作の作者、エラリー・クイーンの文字どおりすべてを描き、すでに邦訳のある評伝『エラリイ・クイーンの世界』の決定増補版としてこのたび訳出されたのが、自身もミステリ作家であり、またミステリ研究家として精力的な著作活動を続けてきた、フランシス・M・ネヴィンズの『エラリー・クイーン推理の芸術』である。

 アメリカの本格探偵小説史を彩る作家たちについては、これまでにも『別名S・S・ヴァン・ダイン ファイ…

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです