メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

岩間陽子・評 『現代日本外交史』=宮城大蔵・著

 (中公新書・950円)

アジア・沖縄から見るポスト冷戦

 冷戦後の日本外交を、『現代日本外交史』という名の書物にし、どのような物語を作るのだろうか、と興味津々で読み始めた。「アジアにおける冷戦はまだ終わっていない」と過去二十数年の間、幾度となく聞いた。しかし、振り返ってみるとアジアも日本外交も、確実に新しい時代に入っていたことを認識させられた。そして、日本外交を語りながら、日米関係だけでなく、アジアと沖縄を常に視野に入れ続けることで、この小著は明らかに「宮城史観」とも呼べるものを示している。

 四半世紀を二百五十頁(ページ)強で語るのは至難の業である。しかし本書は、教科書的な史実の羅列に終わ…

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです