メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピロリ菌

広がる検査、除菌後も検診を 成功でも胃がんの恐れ

 胃にすみつく細菌、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の除菌治療の保険適用が胃炎にまで拡大して間もなく4年。「胃がんの原因」との認識も広がり、未成年対象のピロリ菌検査や、成人を対象とした採血だけで簡単にできる胃がんのリスク検査を導入する自治体も増えている。ピロリ菌除菌は胃がん撲滅につながるのか。対策と研究の現状を調べた。【高野聡】

 「中学生本人の将来の胃がんを予防できる。2015年度は対象者396人中376人が受診し、陽性率(感…

この記事は有料記事です。

残り1878文字(全文2094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです