メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

ポピュリズム 急進的改革に危うさ 水島治郎・千葉大法政経学部教授

 大企業や既得権層への攻撃的発言で支持を集めるトランプ新大統領をどう見るか。ポピュリズムに詳しい千葉大の水島治郎教授(政治学)に聞いた。【聞き手・遠藤拓】

 トランプ氏の就任演説はこれまで通り「米国第一」を強調し、格差に不満を抱く中間層や職を失って困窮する労働者など、自身の支持者を強く意識した内容だった。ポピュリズムが色濃く出ている印象を受けた。

 ポピュリズムは既成権力の支配を人民が打破しようとする急進的な改革の動きを指す。下が上を突き上げる運…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです