大相撲初場所

悲願の初優勝…稀勢の里、亡き師匠へ恩返し

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
初優勝が決まり、支度部屋を後にする稀勢の里=東京・両国国技館で2017年1月21日、宮武祐希撮影
初優勝が決まり、支度部屋を後にする稀勢の里=東京・両国国技館で2017年1月21日、宮武祐希撮影

 大相撲初場所で21日、大関・稀勢の里関(30)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初優勝を果たした。15歳で入門し、2002年春場所の初土俵から15年で悲願を達成。「うれしいです。本当に感謝しかない」と支えてくれた人への感謝の言葉を口にすると、右目から一筋の涙が流れ落ちた。【坂本太郎】

 取組後の支度部屋。白鵬関が敗れれば自分の優勝が決まる結びの一番のテレビ中継には、壁の方を向いて目もくれなかった。館内の大歓声が伝わり、付け人から「横綱が負けました」と聞かされると、稀勢の里関はゆっくりとうなずいた。

 入門当時の師匠で、11年11月に急逝した鳴戸親方(元横綱・隆の里)にささげる優勝となった。田子ノ浦部屋の稽古(けいこ)場には、弟子たちが日ごろ鍛錬する姿を見守るように鳴戸親方の遺影が飾られている。現役時代は病気と闘い、「おしん横綱」と呼ばれたが、11年九州場所直前に死去。稀勢の里関はお別れ会の後に涙をこらえ切れず、「恩返しをします」と誓った。同場所で10勝5敗の成績を残し、場所後に大関に昇進した…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文819文字)

あわせて読みたい

注目の特集