メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外センバツ出場32校出そろう 5校が初出場
大相撲初場所

悲願の初優勝…稀勢の里、亡き師匠へ恩返し

初優勝が決まり、支度部屋を後にする稀勢の里=東京・両国国技館で2017年1月21日、宮武祐希撮影

 大相撲初場所で21日、大関・稀勢の里関(30)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初優勝を果たした。15歳で入門し、2002年春場所の初土俵から15年で悲願を達成。「うれしいです。本当に感謝しかない」と支えてくれた人への感謝の言葉を口にすると、右目から一筋の涙が流れ落ちた。【坂本太郎】

 取組後の支度部屋。白鵬関が敗れれば自分の優勝が決まる結びの一番のテレビ中継には、壁の方を向いて目もくれなかった。館内の大歓声が伝わり、付け人から「横綱が負けました」と聞かされると、稀勢の里関はゆっくりとうなずいた。

 入門当時の師匠で、11年11月に急逝した鳴戸親方(元横綱・隆の里)にささげる優勝となった。田子ノ浦…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 運命の選考委スタート 第92回選抜高校野球 午後3時からの出場校発表をライブ中継

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです