メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外拳銃強奪 男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
サッカーキング

ガーナが2連勝で8強進出…エジプトも苦しみながら大会初勝利/アフリカ選手権

情報提供:サッカーキング

得点を喜び、ダンスを踊るガーナ代表の選手たち [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
 アフリカ・ネーションズカップ2017のグループステージが21日に行われ、グループD第2戦の2試合が行われた。

 グループDは、ガーナとウガンダ、エジプト、マリの4カ国が突破を争う。第1戦を終え、唯一勝ち点3を挙げたガーナ代表が首位、2位にエジプト代表とマリ代表が並び、最下位にウガンダ代表が続いている。

 第1試合ではガーナとマリが対戦した。試合は序盤からガーナが攻勢に出ると、21分に右サイドのジョーダン・アイェウ(アストン・ヴィラ/イングランド)が上げたクロスを、中央のアサモア・ギャン(アル・アハリ/UAE)が頭で合わせて先制に成功する。後半に入ると、1点を追うマリが一方的に攻め立てる格好になったが、GKブリマー・ラザク(コルドバ/スペイン)を中心にガーナが守りきり、2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 第2試合ではエジプトとウガンダが対戦。試合は地力で勝るエジプトのペースで進む。モハメド・サラー(ローマ/イタリア)を中心に何度もウガンダのゴールに迫ったが、なかなかゴールを割ることができない。一方、ウガンダも数少ないセットプレーのチャンスを生かしたいところだが、キックの精度を欠いて決定機を作り出せない。52分にウガンダはジョセフ・オチャヤ(KCCA)がゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。

 このままスコアレスで終わるかと思われた89分、エジプトが左サイドから攻め込むと、マフムード・カハラバ(アル・イティハド/サウジアラビア)がエリア手前のサラーへパス。サラーが相手DFを引きつけると、右サイドに走り込んだアブダラー・サイード(アル・アハリ)がGKの股下を抜く強烈なシュートを蹴り込み、エジプトが土壇場で先制した。このまま1-0でエジプトがウガンダを下し、今大会初勝利を収めた。

 以上の結果、グループDの首位はガーナで、2位がエジプト。マリが3位に転落し、ウガンダの最下位は変わらなかった。

■グループD
ガーナ 1-0 マリ
エジプト 1-0 ウガンダ

■グループD(試合数/勝ち点/勝/分/負/得失点)
1 ガーナ(2/6/2/0/0/2)
2 エジプト(2/4/1/1/0/1)
3 マリ(2/1/0/1/1/-1)
4 ウガンダ(2/0/0/0/2/-2)

【関連記事】
【投票】アフリカ・ネーションズカップ2017 優勝するのはどこの国?
●アフリカ選手権出場のガーナ代表FW、マラリアに感染で欠場も
●アフリカ選手権辞退のマティプ、正式にリヴァプールでの出場が可能に
●オーバメヤンがドルトムント愛を強調「バイエルン移籍は絶対にない」
●ドルトムント、“黒いイブラ”の獲得決定か…レアル移籍報道から一転、今冬に加入へ

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです