メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 仏国寺と石窟庵(韓国・慶州) 統一新羅の仏教観表現

統一新羅時代に建てられた仏国寺の「紫霞門」

 新羅の都として栄えた慶州(韓国南東部)は、仏教文化の黄金期に栄えた。「韓国の京都・奈良」と言われ、最も有名なのが「仏国寺(プルグクサ)」と「石窟庵(ソククルアム)」。8世紀半ば、朝鮮半島を統一した新羅の宰相、金大成(キムデソン)が建造を命じたとされる。

 仏国寺でまず目に飛び込んでくるのは、左右に位置する石段だ。上り終えると右は「紫霞門」、左は「安養門」にたどりつく。極楽世界への悟りを開いた人だけが門をくぐることができたという。紫霞門に続く階段は下段17段、上段16段の計33段。仏教の世界では、33は悟りを開くための希望を意味するといい、僧侶が上る階段だったと伝えられる。

 解説士の孫福禄(ソンブクロク)さんは「仏国寺は仏教の世界を現世にそのまま表現したのが特徴。それが世界遺産に登録されている理由では」と語る。そして「極楽の世界があるか、誰にも分からないけど、現世で善い行いをしなさいということだろう」と石段を見つめた。

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです