メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ザギトワ優勝 日本勢メダルなし 世界フィギュア
追跡2017

入試「女子枠」は脱格差or逆差別? 大学優遇策に賛否

秘書技能検定の講座を受講する女子学生=大阪府松原市の阪南大で、望月亮一撮影

 政府が「女性活躍」の旗を振る中、大学でも女子限定の入試枠を設けるなど、女性の進学を後押しする動きが出ている。大学進学率に、依然として男女間で大きな差があるからだ。ただ、過去には「逆差別」との批判を受けて頓挫したケースも。大学による望ましい女性支援のあり方とは--。【大久保昂】

 昨年12月下旬、阪南大(大阪府松原市)の教室に約30人の学生が集まり、模擬面接に励んでいた。秘書技能検定準1級を目指す学生を対象に、大学が開いている講座だ。受講料は2万6000円。ただ、半分の受講者は免除されている。女子だけが受けられる「女子学生特別入試」(女子特、定員5学部115人)で入った学生たちだ。その一人で、国際観光学部2年の学生(20)は「受講料が無料なのは大きい。来年度も他の資格に挑戦したい」と声を弾ませる。

 「女子特」は1986年の男女雇用機会均等法の施行を受け、88年度に始めた。入試で機会を与えるだけで…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1487文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです