メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

「CIA職員1000%支持」 トランプ氏、関係修復を模索

 【ワシントン西田進一郎、会川晴之】トランプ米大統領は就任から一夜明けた21日、ワシントン近郊の米中央情報局(CIA)を訪れた。大統領選を巡り対立してきた情報機関との関係修復を図る狙いがあるとみられる。新政権は過激派組織「イスラム国」(IS)掃討を安保政策で最優先に据えており、マティス新国防長官もこの日、国防総省に初登庁。それぞれの課題を見据えた取り組みが始まった。

 トランプ氏は当選後に最初に訪れた連邦政府機関であるCIAで約400人の職員を前に、「あなたたちを1…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1313文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです