メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

「CIA職員1000%支持」 トランプ氏、関係修復を模索

 【ワシントン西田進一郎、会川晴之】トランプ米大統領は就任から一夜明けた21日、ワシントン近郊の米中央情報局(CIA)を訪れた。大統領選を巡り対立してきた情報機関との関係修復を図る狙いがあるとみられる。新政権は過激派組織「イスラム国」(IS)掃討を安保政策で最優先に据えており、マティス新国防長官もこの日、国防総省に初登庁。それぞれの課題を見据えた取り組みが始まった。

 トランプ氏は当選後に最初に訪れた連邦政府機関であるCIAで約400人の職員を前に、「あなたたちを1…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1313文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです