メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

Meiji Seika ファルマ OTC商品企画グループ長・阿部美嘉さん

「明治うがい薬」 変わらぬ味・成分・効果

 インフルエンザに注意が必要な季節。明治は、昨年4月に名称を変えた「明治うがい薬」を販売している。グループの薬品会社「Meiji Seika ファルマ」のOTC(一般用医薬品)商品企画グループ長の阿部美嘉さんに聞いた。【聞き手・河出卓郎】

 --インフルエンザの予防には、やはりうがいが効果的ですか?

 ◆そうですね。せきやくしゃみで飛び散ったり、手についたりしたウイルスが細胞に入り込む前の対策が重要です。「かぜ対策にはうがいと手洗い」というのは、私たちが一貫して普及に努めてきました。正しいうがいの仕方などを幼稚園や小学校で開く「うがい教室」、テレビCMなどを通じて訴えてきました。日本の「うがい文化」を発展させたという自負があります。

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです