メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

職場の禁煙、対策進むか

アクロクエストテクノロジーで喫煙対策に効果があった離席中の旗。パソコンの脇のタイマーで7分以内に帰ってこないと罰金がとられる=横浜市港北区の同社で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2020年の東京五輪・パラリンピックや前年のラグビー・ワールドカップを前に、国は受動喫煙防止対策の強化に乗り出している。厚生労働省が昨年10月に発表した職場での対策案は、建物内を原則禁煙にしたうえで、喫煙室の設置は可能としている。しかし、愛煙家からは「ストレス解消で仕事が進む」「喫煙者同士の会話が情報交換になる」との声も。禁煙を進める企業の現状は?

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. コロナワクチン一般接種5月ごろ開始 政府調整 16歳以上、無料の方針

  5. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです