メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

職場の禁煙、対策進むか

アクロクエストテクノロジーで喫煙対策に効果があった離席中の旗。パソコンの脇のタイマーで7分以内に帰ってこないと罰金がとられる=横浜市港北区の同社で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2020年の東京五輪・パラリンピックや前年のラグビー・ワールドカップを前に、国は受動喫煙防止対策の強化に乗り出している。厚生労働省が昨年10月に発表した職場での対策案は、建物内を原則禁煙にしたうえで、喫煙室の設置は可能としている。しかし、愛煙家からは「ストレス解消で仕事が進む」「喫煙者同士の会話が情報交換になる」との声も。禁煙を進める企業の現状は?

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです