メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・子育て・親子

冬でも薄着、免疫力高めよう

寒さに体をこわ張らせながらも元気に波間を走る子どもたち=静岡県熱海市の熱海サンビーチで8日

 1年で最も冷え込むシーズンが到来した。しかし子どもたちは半ズボンでも平気だったり、上着なしで外を駆け回ったりしている。どこまで薄着で大丈夫なのか、なぜ寒さに強いのか……改めて考えた。

 ●寒中水泳で元気に

 水着に鉢巻き姿の子どもたちが、冷たい冬の海に向かって元気よく走っていった。今月8日、静岡県熱海市の海水浴場「熱海サンビーチ」で恒例の寒中水泳があった。新成人の前途を祝した恒例のイベントで、新成人の参加はなかったものの7~74歳の44人が水に入った。

 この日の天候は小雨、気温8・5度、水温15度。参加者は5分ほど泳ぎ、「祝成人の日」と染め抜いたのぼり旗を振ってエールを送った。事務局の市スポーツ推進室の担当者は「あくまでお祝いの伝統行事。これで健康増進が図られるわけではない」と強調するが、「趣味で毎年来ているが、風邪を引かなくなりました」という締め込み姿の青年男性もいた。

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 7割がプラごみ 琵琶湖の湖底清掃、レジ袋最も多く 滋賀県調査

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです