メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・斉藤由貴

つれづれな日々に 買い物

=梅村直承撮影

 魔物であり、麻薬だとつくづく思う。

 男性ならいざ知らず、女性で、買い物には全く興味がないというごく少数の人をのぞけば多分、大抵の人は、あー、と納得されると思う。

 もちろんこの場合、日用品の類いは含まない。本来なら買う必要のない贅沢(ぜいたく)品、特に女性の場合、自分を飾る装飾品の買い物に、この言葉は実感を持って肉薄してくる。

 2016年の年末は、1年間のお買い物の総決算時期だった。この1年、再ブレーク(笑い)のおかげで馬車馬のように働いた(もちろん、ありがたいことである)自分へのご褒美として、何か素敵(すてき)なものを購入したい、とドキドキしながら高級品店(なんてザックリとした言い方)へ。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです