メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀州鉄道

脱線、復旧めどたたず 国内2番目に短い路線 

脱線した紀州鉄道の車両の後輪=和歌山県御坊市湯川町小松原で2017年1月22日午後1時57分、山本芳博撮影

 22日午前11時ごろ、和歌山県御坊市湯川町小松原で、紀州鉄道の御坊発西御坊行きの車両(1両、94人乗り)が脱線した。運転士と乗客5人にけがはなかった。レール上に置き石などはなく、今のところ原因は不明。復旧のめどは立っていない。

 御坊署などによると、脱線したのは湯川第2踏切の南約30メートル。午前1…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 性暴力で妊娠、中絶手術に「加害者の同意」が必要? 弁護士ら改善求める

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです