メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里

「再びVを」 初優勝一夜明け、綱へ責任感

千秋楽から一夜明けた記者会見で、笑顔を見せる稀勢の里=東京都江戸川区で2017年1月23日午前9時36分、北山夏帆撮影

 大相撲初場所を14勝1敗で初優勝し、横綱昇進を確実にした大関・稀勢の里(30)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が千秋楽から一夜明けた23日午前、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で記者会見した。15歳で角界入りし、15年かけての悲願達成に「ようやく手にしたものですけど、またもう1回優勝できるように頑張っていきたい」と引き締まった表情で話した。初めて抱いた賜杯は「いい重みというか、何ともいえないものでした」と振り返った。昇進が確実となっている横…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです