メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア内戦

和平協議23日にカザフで 露とトルコが主導

 【モスクワ杉尾直哉】シリア内戦を巡り、ロシアとトルコが主導し、イランも関与する新たな和平協議が23日、中央アジア・カザフスタンの首都アスタナで初めて開かれる。スイスのジュネーブで開かれてきた国連主導の和平協議は行き詰まっており、シリア情勢で存在感を示してきたプーチン露政権が、周辺の大国トルコや、米国と敵対してきたイランを取り込み、新たな協議の場で打開を図る狙いがある。

 アスタナ協議は、トランプ米政権発足からわずか3日後の開催となる。ロシア側には、米政権の外交政策が固まらないうちに、今後のシリア情勢で主導権を握る思惑もありそうだ。ロイター通信によると、米国務省はワシントンからは外交団を派遣せずに、駐カザフスタン米大使が出席すると発表した。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです