メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
読書日記

ピックアップ 「村上春樹と私 日本の文学と文化に心を奪われた理由」ほか

 ■村上春樹と私 日本の文学と文化に心を奪われた理由(ジェイ・ルービン著・東洋経済新報社・1620円)

 著者は「ノルウェイの森」「1Q84」といった村上春樹作品の翻訳で知られる米ハーバード大名誉教授。村上氏をはじめとする日本との関わり、翻訳の仕事などについてエピソードを自由につづった。ある日本人言語学者から誤訳を指摘するメールが届いたのに始まる、心温まる交流の話が印象深い。

 ■ベルリン廃墟(はいきょ)大全 ナチス、東西分割、冷戦…光と影の街を歩く(キアラン・ファーヘイ著、…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文525文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです