メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第71回毎日映コンの顔

/1 本木雅弘/筒井真理子

=小出洋平撮影

 長い歴史を誇る「第71回毎日映画コンクール」の受賞者が決まった。2016年の映画界を彩った、新鋭からベテランまで多彩な顔ぶれが並ぶ。4回にわたり、各受賞者の喜びの声を紹介する。【木村光則】

 ◆男優主演賞 本木雅弘 「永い言い訳」

 西川美和監督が原作、脚本も務めた「永い言い訳」で、妻の突然の死を真っすぐ受け止められない自己欺瞞(ぎまん)に満ちた作家の幸夫を演じきった。「邦画が豊作の年に、公開館数100館と小中規模の映画で賞を頂けたことはうれしい」と喜ぶ。「西川監督とキャストから醸し出された化学反応。主役以外のキャスティングがはまり、皆さんの演技で頂いた宝」と他の出演者に感謝した。

 西川監督には原作小説を読まずに撮影に臨んでほしいと言われたが、事前に読んでしまった。「役づくりのために読んだけど、西川監督から『小説の中にこの役の模範解答はないんですよ』と言われて、ハッとした」

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです