メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

「街からの伝言板-紡がれたことばたち-」 震災時の思いや体験、カルタで伝える 仙台で来月12日まで /宮城

カルタに刻まれたメッセージに見入る来館者=仙台市若林区のせんだい3・11メモリアル交流館で

 東日本大震災が発生した当時の思いや体験をカルタで伝える企画展「街からの伝言板-紡がれたことばたち-」が17日、せんだい3・11メモリアル交流館(仙台市若林区)で始まった。2月12日まで。

 仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」が企画。同プロジェクトのメンバーは2013~14年の2年間、市民から聞き取った震災体験談やメッセージをカルタにした。

 制作したカルタは計46枚。カルタには、もらい湯に行った体験やシャンプーを求めて行列ができた様子など…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです