メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大津緑洋高水産校舎

「海友丸」が55日間の遠洋航海へ 実習生43人乗せ出港 「船のルール守り成長して帰ってきて」 /山口

遠洋航海に向かう実習生らを見送る在校生や保護者ら

 県立大津緑洋高水産校舎(長門市仙崎)の実習船「海友丸」が23日、実習生43人を乗せて仙崎港を出港した。55日間の遠洋航海で、雪が舞う中、在校生や保護者ら約300人がテープを投げて見送り航海の無事を祈った。【川上敏文】

 同校と福岡県立水産高の実習生の他、乗組員や指導教官が乗船。ハワイ沖で約2週間、マグロはえ縄漁や海洋観測などを実習する。2…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです