ふく恋盛り

商標登録 フグ刺しをハート形に 若い世代にも親しみやすく /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ふく恋盛りと商標登録を手にする酒井委員長(左)と見原理事長
ふく恋盛りと商標登録を手にする酒井委員長(左)と見原理事長

 下関名物のフグ刺しをハート形に盛る「ふく恋盛り」の商標登録が完了し、ふく恋実行委員会(酒井由美子委員長)と下関ふく連盟(見原宏理事長)は23日、市役所に報告に訪れた。見原理事長は「これを機に、今までフグになじみのなかった若い世代にも親しんでもらえれば」と語った。【上村里花】

 若い世代にフグの魅力を知ってもらうきっかけにしようと、2014年、下関市でフグ料理専門店などを経営する水産仲卸会社の酒井さんが、ホテルや飲食店などで観光関連の仕事に携わる女性6人と共に実行委を結成し、同年12月…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

あわせて読みたい

注目の特集