メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

唐津市長選 候補者の政策比較 /佐賀

 唐津市長選(29日投開票)に立候補した、いずれも無所属の新人で元市議の志佐治徳(69)▽医療法人理事長の田中路子(69)▽元県議の峰達郎(56)▽元市副市長の岡本憲幸(61)--の4氏は告示前の15日、市内で開かれた討論会(唐津青年会議所主催)で市政を巡る課題への考えを明かした。観光振興や子育て・教育など四つの課題について、各候補が語った政策を比べてみた。【原田哲郎】=届け出順

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです