メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWS・東西南北/大分

戦争遺跡、爆弾池を発掘調査 宇佐 /大分

一般からボランティアを募り、発掘された爆弾池

 宇佐市教育委員会は一般から募集したボランティアとともに、戦時中に米軍の空襲でできた穴に水がたまるなどした「爆弾池」を発掘調査した。爆弾池は旧宇佐海軍航空隊跡の田んぼにあり、市が2013年に史跡に指定した。当時は直径約10メートル、深さ5メートル以上あったと推定される。調査は今月末まで続ける。

 ボランティアが市教委文化財係の指導で発掘。表土を剥ぎ、ト…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです