メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

トランプ政権 イスラエルくすぶる火種 米大使館移転/入植地の拡大

 【エルサレム大治朋子】トランプ米大統領は22日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話協議した。2月の首脳会談では、イラン核合意問題などについて協議する見通しだ。イスラエル国内では、連立政権内の保守強硬派が、親イスラエルの米政権誕生を機に、ユダヤ人入植(住宅)地拡大を推し進めようと躍起だが、周辺アラブ諸国の反発は必至。対イラン包囲網を形成したいネタニヤフ氏は、難しいかじ取りを迫られている。

 ネタニヤフ氏は、2015年7月のイラン核合意により、核開発の可能性が温存されたり、経済制裁の軽減で…

この記事は有料記事です。

残り1524文字(全文1769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです