メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

英国のEU離脱とNATOとの関連=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 メイ英首相はなぜEU(欧州連合)からの円滑離脱を構想できるのか。

 17日にメイ首相はEUの単一市場から離脱後、改めて「将来協定」の締結との方針を明示した。移民規制とEU司法裁判所からの脱退へのこだわりは、マグナ・カルタ以来800年の間、英国に存在した慣習法に基づく政治社会の制御の尊重という国民意識から来るものだ。EU離脱をもって民族主義的傾斜との表現は不適切との思いが伝わる。

 それでは離脱決定後のEUとの「将来協定」によって、大きな不利益をこうむることはないのか。この点には…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ハードディスク「職員が立ち会い確実に破壊を」 総務省が通知

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです