偽造肝炎薬

新たに9本 厚労省調査、東京の卸売会社

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 奈良県内の薬局チェーンで高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が見つかった問題で、厚生労働省は23日、東京都内の卸売業者2社から新たにボトル9本の偽造品が見つかったと発表した。奈良県内で見つかった5本を含め偽造品の流通経路上には、少なくとも東京都と大阪府の9社があったことも判明。うち3社は販売許可のない複数の個人から仕入れたとみられる。同省は偽造品が全国に流通している恐れがあるとみて調査を続ける。

 計14本の偽造品はいずれも箱から取り出され、取り扱い説明書がないまま流通しており、厚労省は医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで個人や卸売業者の告発を検討している。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集