メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

「上の世代から目線」養って グループディスカッションの攻略法

身近なテーマに潜む罠

 先月、模擬グループディスカッションイベントに司会・進行役として参加した時のことです。お題についても考えてほしいと依頼されたため、数題を考案、出題しました。そのうちの一題について転載します。

 問 NHKの大河ドラマについて、2020年の主人公は誰がいいか、考えなさい(参考情報…2016年は真田幸村、17年は井伊直虎、18年は西郷隆盛、19年は大正・昭和の人物を予定)

 なお、この時に出題した他の内容は「コンビニの売り上げを上げる方法」「お弁当と給食、どちらがいい?」…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2068文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです