メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
養殖業者

衰弱チョウザメ50匹を川に放流、死骸浮く

新利根川の岸辺に打ち上げられたチョウザメ=茨城県河内町長竿で2017年1月23日、安味伸一撮影

 茨城県河内町庄布川の新利根川に、外来種のチョウザメの死骸が多数浮いているのを22日に住民が見つけた。旧小学校の空き校舎を利用しチョウザメ養殖を始めた建設会社の役員は23日、毎日新聞の取材に、衰弱した約50匹を放流したと認めた。県や竜ケ崎署によると、チョウザメの放流を規制する法令はないが、町は同日、「死にそうな魚を放流するとは、認識が甘い」と同社を口頭で厳重注意した。

 チョウザメ養殖は建設会社「トキタ」(本社・下妻市)が昨年8月に町から無償で借りた同町長竿の旧町立長…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文793文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです