徳島県警

スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
徳島県警鑑識課の浪花孝一写真係長=徳島市万代町2の県警本部で松山文音撮影
徳島県警鑑識課の浪花孝一写真係長=徳島市万代町2の県警本部で松山文音撮影

 容疑者から押収したスマートフォンに保存されていた被害者の写真を徳島県警鑑識課が解析した結果、写真を撮影した容疑者の姿が被害者の瞳に映っていることが判明し、重要な証拠となった事件が昨年あった。同課によると、瞳に映った姿が証拠になるケースは大変珍しいという。【松山文音】

 「目に人の影のようなものがある。調べてほしい」。現場の捜査員から、鑑識課の浪花孝一写真係長(43)に依頼があった。渡されたデータを表示すると、容疑者が撮影した被害者の顔が映っていた…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

あわせて読みたい

注目の特集