メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

都城、倍増71億円 全国1位で知名度向上

「肉と焼酎」をPRする都城市の「ふるさと納税」ポスター=宮崎県都城市姫城町の市役所で、重春次男撮影

 2016年の宮崎県都城市の「ふるさと納税」制度による寄付額が71億円で前年の約2倍に上ることが分かった。総務省は昨年3月までの1年間(2015年度)の寄付額について同市は全国最多としており、知名度アップの相乗効果といえそうだ。【重春次男】

 ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付すると税が軽減される制度。畜産産出額が全国上位で、市内に大手焼酎メーカーもある市は、14年10月から「肉と焼酎のまち」と銘打ち、特典の返礼品を大幅に拡充した。

 この結果、15年度は全国の自治体で最も多い42億3100万円の寄付金を受け取った。昨年6月には、総…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです