メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MRJ 納入延期は5度目 見通しの甘さが改めて浮き彫り

MRJの納入延期の理由などを説明する三菱重工業の宮永俊一社長=東京都内で2017年1月23日午後4時16分、竹地広憲撮影
「グラント郡国際空港」に着陸するMRJ=米西部モーゼスレークで2016年9月28日、竹地広憲撮影

三菱重工業、18年半ばから20年半ばへ2年延期発表

 三菱重工業は23日、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の初納入時期について、従来予定の2018年半ばから20年半ばへ2年延期すると発表した。安全性向上のため、部品の設計見直しなどを迫られたのが理由で、納入延期は5度目となる。受注がキャンセルされる恐れがあるほか、開発費の増大も予想され、国産機開発を巡る同社の見通しの甘さが改めて浮き彫りになった。【竹地広憲、川口雅浩】

     東京都内で同日、記者会見した宮永俊一社長は「最新の安全規制に適合する飛行機として世界で売っていくためには、あと2年はかかる」と釈明した。納入が遅れるのは、操縦かんの動きを伝える「飛行制御システム」など主要部品の配置を変更したことに加え、約2万3000本に上る電気配線全体の設計を見直したためだ。

     国土交通省から航空機の安全性でお墨付きを得る「型式証明」を取得するには、各システムや電気配線の一部が故障しても、同じ機能を持つ別系統のシステムが正常稼働する必要がある。同社が昨年秋以降、海外の専門家などと協議した結果、大量の水漏れや爆弾テロなど非常時の対応が不十分で、本来はシステムや配線の分散配置を従来以上に進める必要があることが分かった。

     これまで三菱重工は試験飛行用のMRJ試験機5機を製造済み。しかし、今回の設計見直しなどを反映した試験機を新たに開発・製造し、試験飛行を追加実施する必要があり、納入延期が不可避となった。

     MRJの事業化を決定した08年当時、初納入を13年としていたが、今回の見直しで7年程度も遅れることになる。同社は今後、海外の専門家の採用などを拡充し、開発体制を強化する方針。20年東京五輪に初納入を間に合わせたい考えで、宮永社長は「(20年半ばから)半年繰り上げを目標に頑張りたい」と強調した。

     ただ、度重なる納入延期で、受注活動に悪影響を及ぼす恐れがある。MRJは日米の航空会社などから447機を受注しているが、その約半分は取り消し可能な契約だ。一方、ライバルのブラジル・エンブラエル社は、MRJと直接競合する新機種を21年にも投入する。

     顧客の航空会社からは「納入延期で各路線の運航計画に支障が出れば、購入キャンセルもあり得る」との声が漏れ、航空業界の専門家は「MRJは燃費性能などの優位性が薄れ、ライバル社と比べて受注が不利になりかねない」と指摘している。初納入先の全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスは23日、「納期の延期は非常に残念だが、完成度の高い飛行機を納入していただきたい」とコメントした。

     納入の遅れにより、当初は1800億円程度とされた開発費が膨らむ見通し。宮永社長は開発費を含めた今後の必要資金について「(直近の想定より)3、4割増える」と述べるにとどまり、具体的な金額を明らかにしなかった。しかし、業界では開発費が5000億円規模に膨らむとの見方が根強い。16年9月中間連結決算で189億円の最終(当期)赤字を計上した三菱重工の業績を圧迫することになりそうだ。

    MRJ

     三菱重工業の子会社、三菱航空機が開発を進める70~90席の小型ジェット旅客機。米国内や欧州域内など比較的短距離の地域間を結ぶ路線での利用が想定され、航続距離は最長3770キロ。最新鋭の米社製エンジンを搭載して燃費性能を従来機より2割程度向上させたほか、機内の広さ、低騒音も強み。カタログ価格は1機当たり約50億円。

     2015年11月、国産旅客機としてはプロペラ機「YS11」(官民出資の日本航空機製造が開発)以来、半世紀ぶりの初飛行に成功した。昨年秋から米西部の空港で試験飛行を開始。航空機はハイテク機器、高性能素材の塊で、MRJの事業はIT関連など幅広い産業への波及効果が大きいとされている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 4乳児遺体遺棄 53歳女逮捕「産んですぐバケツに」大阪
    2. ORICON NEWS テレビ東京、大みそかの夜に『孤独のグルメ』 異例のドラマ放送&生中継も実施
    3. 大相撲 稀勢の里休場へ 九州場所
    4. 下村元文科相党支部 政治資金で自著購入 1900冊分
    5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]