メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

iPS細胞提供を一時停止 試薬取り違えの可能性

iPS細胞の一部提供停止について記者会見する京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長(中央)、高須直子副所長(左)ら=京都市左京区で2017年1月23日午後4時31分、三浦博之撮影

 京都大iPS細胞研究所は23日、外部の研究機関へ提供するため研究所でストックしていたiPS細胞(人工多能性幹細胞)2種類のうち1種類の提供を取りやめると発表した。作製時に試薬を取り違えた可能性があるためで、今夏をめどに作り直す。所長の山中伸弥・京都大教授は記者会見し「このような事態を招いたことを深くおわび申し上げる」と謝罪した。

 試薬を取り違えた可能性があるのは、新生児のさい帯血から作製し昨夏に提供を始めたiPS細胞。既に13…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです